子どもと親のためのコミュニティ広場

感染症情報

2017/4/21

感染症情報<第1715号>

今週の感染症の流行状況

(平成29年4月10日〜平成29年4月16

  • A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(PDF:105KB)
    県全体での定点あたり患者報告数は2.55人となり、前週の定点あたり患者報告数3.07人よりも減少しました。保健所管内別では能登中部が7.00人と多く、次いで金沢市2.60人、南加賀2.50人、石川中央0.67人、能登北部0.33人の順となっています。
  •  

◆インフルエンザ警報を解除しました(平成29年4月20日)

石川県感染症発生動向調査におけるインフルエンザの定点あたり報告数が、第14週(平成29年4月3日〜9日)で9.56人、第15週(平成29年4月10日〜16日)で6.65人となり、終息基準値(定点あたり10人)を下回ったため、インフルエンザ警報を解除しました。

しかし、再び流行する可能性もありますので、引き続きご注意ください。

感染拡大防止のため、うがい・手洗いの励行と、咳エチケットの徹底をお願いします。
 

◆ゴールデンウィークにおける海外での感染予防について(平成29年4月10日)

【海外へ渡航されるかたへ】

海外滞在中に感染症にかかることなく、安全で快適に旅行し、帰国できるように、厚生労働省が海外で注意すべき感染症およびその予防対策をお知らせしています。

(参考)厚生労働省ホームページ(外部リンク)


◆石川県内で、インドから帰国した麻しん患者の発生がありました(平成29年4月11日)

【県民のみなさまへ】

麻しんを疑う症状が出現した場合は、必ず事前に医療機関に電話して、麻しんの疑いがあることを伝えたうえで、速やかに医療機関を受診してください。

詳しくは、麻しん(はしか)にご注意くださいをご覧ください。
http://www.pref.ishikawa.lg.jp/kansen/index.html


【情報提供】
▼石川県感染症情報センター(PC・スマホ)
http://www.pref.ishikawa.lg.jp/kansen/index.html
http://www.pref.ishikawa.lg.jp/hokan/kansenjoho/index.html

 
前のページへ戻る