子どもと親のためのコミュニティ広場

感染症情報

2017/9/7

感染症情報<第1735号>

今週の感染症の流行状況

(平成29年8月28日〜平成29年9月3

  • RSウイルス感染症(PDF:106KB)
    県全体での定点あたり患者報告数は5.83人となり、昨年の最多報告数5.55人(第40週:10月3日〜9日)を超えました。保健所管内別では金沢市が7.10人と多く、次いで南加賀6.83人、石川中央6.33人、能登中部4.25人の順となっています。
  • 手足口病(PDF:108KB)
    県全体での定点あたり患者報告数は3.45人となり、前週(同4.41人)より減少しました。保健所管内別では石川中央が7.33人、能登中部が5.00人と他の管内より多くなっています。



◆RSウイルス感染症の患者が増加しています(平成29年9月7日)

RSウイルス感染症は、例年、1〜2月頃にかけて流行しますが、今年は8月頃より定点医療機関あたりの患者数が増加しています。

石川県の流行状況は、こちら(石川県感染症情報センター)よりご確認ください。


◆インフルエンザに注意しましょう(平成29年9月7日)

一部の地域で、例年より多くのインフルエンザの患者の報告が見られました。詳細は、こちら(石川県感染症情報センター)よりご確認ください。

手洗いの励行と咳エチケットの徹底をお願いします。

(参考)

◆ヨーロッパ地域で麻しん(はしか)の大規模な流行が起きています(平成29年8月25日)

イタリア・ルーマニアを含むヨーロッパ地域で麻しん(はしか)の大規模な流行が起きています。

海外に行く方で、麻しん(はしか)にかかったことが明らかでない場合、

海外に行く前に

  • 麻しんの予防接種歴を母子手帳などで確認しましょう。
  • 2回接種していない方は、予防接種を検討してください。

帰国した後に

  • 帰国後2週間程度は健康状態(特に、高い熱や全身の発しん、せき、鼻水、目の充血などの症状)に注意しましょう。

詳しくは、こちら(厚生労働省)(外部リンク)よりご確認ください。

 

【情報提供】
▼石川県感染症情報センター(PC・スマホ)
http://www.pref.ishikawa.lg.jp/kansen/index.html
http://www.pref.ishikawa.lg.jp/hokan/kansenjoho/index.html

前のページへ戻る