子どもと親のためのコミュニティ広場

感染症情報

2018/1/5

感染症情報<第1751号>

今週の感染症の流行状況

(平成29年12月18日〜平成29年12月24

  • インフルエンザ(PDF:107KB)
    県全体での定点あたり患者報告数は、前週の5.21人から6.19人に増加しました。保健所管内別では、能登中部が13.14人と最も多く、次いで金沢市が6.69人、南加賀が5.10人、石川中央が4.30人、能登北部が0.80人となっています。
  • A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(PDF:112KB)
    県全体での定点あたり患者報告数は、前週の4.79人から4.38人に減少しました。保健所管内別では、能登中部が8.00人、金沢市が5.40人と他の管内より多くなっています。
  • 感染性胃腸炎(PDF:115KB)
    県全体での定点あたり患者報告数は、前週の11.97人から11.34人に減少しました。保健所管内別では、石川中央が20.50人と多く、次いで南加賀が13.83人、能登中部が10.50人、金沢市が8.10人となっています。

◆ノロウイルス等による感染症胃腸炎にご注意ください(平成29年12月26日)

ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒は、一年を通して発生していますが、特に冬期に流行します。

石川県でも、定点医療機関あたりの患者数が増えてきており、注意が必要です。

「ノロウイルスによる感染性胃腸炎について」では、感染を予防するポイントやQ&A等を掲載しています。


◆インフルエンザが流行シーズンに入りました(平成29年11月24日)

石川県感染症発生動向調査におけるインフルエンザの定点あたり報告数が、第46週(平成29年11月13日〜19日)で1.58人と、流行開始の目安である1人を超えたため、インフルエンザの流行シーズンに入りました。

感染拡大防止のため、手洗いの励行と咳エチケットの徹底をお願いします。

【情報提供】
▼石川県感染症情報センター(PC・スマホ)
http://www.pref.ishikawa.lg.jp/kansen/index.html
http://www.pref.ishikawa.lg.jp/hokan/kansenjoho/index.html

前のページへ戻る